テレフォンレディで経費にできるもの

テレフォンレディで年間20万円以上稼いだ方は確定申告が必要になります。確定申告の際には経費を出すことができます。経費を提出する事で税金を減らせるメリットがあります。

ここではテレフォンレディで経費にできるものをご紹介します。

スマホ代

プライベートとテレフォンレディで使う分の比率を計算して按分して仕事で使った分の経費を提出する事が出来ます。機種代と月額利用料が按分できるので計算して出しておきましょう。

衣装・メイク代

これはビデオ通話で見せ合いをしているチャットレディをしている場合は経費にする事ができます。男性客に見せる為の衣装、メイクという扱いになります。また大人の玩具を使っている場合も経費として出せます。

家内労働者等の必要経費の特例を利用しよう

経費が65万円以下でも必要経費が65万円まで認められます。しかし収入金額の合計が65万円以上の場合は利用できないのです。
年間の収入が65万円以下なら確定申告で所得税を払わなくてよいという事になります。